雪の夢

『雪』には、良い夢と悪い夢の両側面があります。

『雪が積もっている』状態は、不安が多く、精神的に弱っている状態や、運気の下降している状態を示します。

ただし、『春の雪どけ』の夢であれば、下降していた運気がこれから上昇し、幸運がおとずれる吉夢となります。

また、『雪がたくさん降ってくる』のは、大きな幸せを運んでくれることを暗示します。

しかし、『吹雪』になってしまうと、これはまた悪い夢です。
不運が訪れる暗示なので、抱えている問題は早くなんとかしましょう。

あなたの心に何かやましいことがあれば、『雪』はそれを覆い隠したいとの願望を暗示することもありますから、もしもなにか後ろめたいことを抱えているのならば、早めに解消する方が良いでしょう。

『雪崩に巻き込まれる』のならば、それも運気の下降の予兆。
体調やトラブルなどに気を配りましょう。
もしも『雪崩から逃れられる』夢ならば、運気は上昇に転じます。
『雪崩』は運気が良くも悪くも転じる暗示なのです。

『あられ』や『ひょう』といった固い雪にも注意。
なにかアクシデントがあったり、誰かと大喧嘩してしまうかもしれません。
長く尾を引くことはなさそうですが、突発的に何かが起こりそうです。