夢を見る理由について

なぜ夢をみるのか。
夢を見るメカニズムについては、まだ詳細が解明されてはいません。

ただわかっていることは、人の眠りには「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」とがあって、レム睡眠のときに夢を見ているということです。
もっと正確に言えば、ノンレム睡眠時にも夢は見ているけれども、覚えていられるほど強い夢はレム睡眠時に見ると言われています。

レム睡眠には、記憶を整理して固定する役割があります。
昼間学習したことは一時記憶でしかなく、長期記憶として固定させなければすぐに忘れてしまうのですが、レム睡眠時に長期記憶として固定することによって、長く覚えておくことができるのです。

このことから、夢は記憶を整理する過程の産物ではないかとも言われますが、明確な関係性は立証されていません。
実際、見たことのないものを夢で見ることも多くありますから、どのように作用して夢になるのかは神秘に包まれているのです。

それでも意識していない深層心理を知る手掛かりになると考えたのが「夢占い」です。
心理学者であるフロイトが始めた「夢診断」の研究を中心に今日まで発展してきたもので、他の占いとは異なり、単純な統計学ではなく脳科学の視点から今も研究が続けられているのです。