死んだ人の夢

死んだ人

『死んだ人』の夢には、いくつかのパターンがあります。

『すでに亡くなった人』『故人』の夢を見る場合、考えられるパターンは2つあります。

まず特に注目したいのは、「運気下降の警鐘」です。
亡くなった人が夢にあらわれるのは、何か隠しておきたいことやうしろめたい気持ち、または、何か大切なことを忘れてしまっているという暗示。
何か日常生活の中に、良くない方向への変化が起こり始めているので気をつけなさい、という夢なのです。

もうひとつは、強い思いや霊的な現象です。
ですが、こちらはあまり起こらないものだと言われています。
亡くされたばかりで強い未練がある場合にはこちらの夢かもしれません。

亡くなったペットが夢にあらわれるのも同様です。

ただ、亡くなった人からプレゼントをもらうような夢は、例外的に何か幸運を運んできたり、財産が増えたりする吉夢です。
霊的な夢のひとつとされていますが、大切な人からの思いがけないプレゼントといったところですね。

『死体』の夢は、何か要らなくなった感情の象徴。
死体をどうしているのかにもよりますが、何か心の整理をして再出発したいと願っているのかもしれませんね。