雨の夢

『雨』は、あなたのこころの象徴です。
雨の降り方や長さなどが、あなたの心の状態や解決までの長さを暗示します。

『激しい雨』『強い雨』は、あながの心が荒れていることを暗示しています。
感情の起伏が激しくなっていたり、激情を持て余していたりするようです。
感情的になり、周囲と衝突しやすくはなっていないでしょうか。

ただ、強い雨は長く続かないことも多く、事態が好転していくことを暗示するともいわれます。
これには諸説あるのですが、もしも夢のなかで雨があがるのならば、トラブルは解消される兆しです。

やわらかな雨は、おおむね良い夢です。
幸運が訪れたり、成功をおさめたりすることができるでしょう。

ただし、長く降り続ける雨は良くありません。
トラブルが発生する可能性があります。
もし身体の一部だけが雨に濡れてしまっていた場合には、その部分のケガや病気には特に留意しましょう。

雨が降ってきて、あわてて雨宿りをするのは、トラブルが起こって回避することを象徴しています。
すでにトラブルが起こっている場合には、回避したいという願望であることもあります。
いずれにしても、雨宿りは一時避難にしかなりませんから、雨が降り止まない場合には腹をくくってトラブルに立ち向かいましょう。