交通事故の夢

『交通事故』の夢は、あまり良い夢ではありません。
自分自身に対する警告や不安などのほか、予知夢的に実際の事故を暗示していることもあります。

あなたが何か事故を起こしたのであれば、気が急いていることを象徴します。
もう少し落ち着いて、目の前のことに集中することが必要です。

交通事故のせいで道が進めなかったり、迂回を余儀なくされる場合には、あなたの将来についても考え直すべき時です。
妥協や進路変更も人生には必要ですから、立ち止まってよく考えてみましょう。

事故に巻き込まれても、無傷であったり、難を逃れたりできたのならば、抱えている不安や問題は解決の兆し。
多少アクシデントはあるかもしれませんが、自然に解決へと向かうでしょう。

あなたの目の前で事故が起こったり、事故があったと聞いてかけつけたりするような夢は、予知夢である可能性があります。
また、事故の当事者が知人であれば、その人とのトラブルを暗示している可能性も。
対人トラブルには注意しましょう。

車での交通事故は、電車や飛行機などの事故に比べると重要度は低いトラブルや不安を示します。
ただし、日常生活での問題を暗示しますから、むしろ日々の生活には重要な警告であるといえるでしょう。