電話の夢

『電話』は、人とのつながりや不安を暗示するシンボルです。

『電話で話をする』『電話をかける』のは、誰かとつながっていたいと思う気持ちのあらわれ。
誰かに自分の気持ちを解って欲しいと願っている時に見る夢です。
日頃自分を偽っていたり、気を遣いすぎていたりするのかもしれません。
思いが強ければ強いほど、夢のなかでは楽しそうに話をする傾向にあります。

また、『電話がかかってくる』場合には、有益な情報をもたらしてくれる人があらわれる暗示。
素敵な人と出会えるかもしれません。

『電話がつながらない』『電話が故障する』『電話が突然切れる』といった夢は、あまり良い夢ではありません。
日常生活の中で、なにかうまく伝わらないことがあったり、連絡不足やコミュニケーション不足でのトラブルの暗示です。

『無言電話がかかってくる』のは、やはり対人トラブルを示し、意思疎通がうまくいっていない現状を暗示しています。

『電話がなる』夢は、疲れているときに見る夢です。
時間や責任に追われて疲弊してはいませんか?

電話の夢は、予知夢的に良くない知らせを暗示していることもあります。
夢の通りであることは少ないですが、事故や死などの虫の知らせであることもあります。