花火の夢

『花火』は、非日常と、一時の運気の上昇を象徴します。

『花火大会』の夢は、華やかな非日常への憧れや、あなた自身を高く評価してほしい、目立ちたい、活躍したい、といった強い欲求のあらわれです。
平凡な日常に飽きて、なにか刺激が欲しいと思っているのかもしれません。
誰かに認めて欲しいと思っているのかもしれません。
いずれにしても、現状に満足していない夢です。

運気は上昇の兆しであり、花火はとても華やかなものではあるのですが、残念ながらあまり長くは続きません。
運に頼らず、努力することが大切です。
また、日常に疲れているのならば、ストレスを発散すべきサインであるともいえます。

『手持ち花火』をしている夢では、花火はあなた自身の心を象徴します。
花火をじっと見ていることは、あなたがあなた自身の心を見つめているのと同じ。
なにか漠然とした不安があるのかもしれませんね。

他の人が花火をしているのを横で見ているのならば、あなたは少し寂しいのかもしれません。
特に、花火が線香花火だったり、勢い良くあっという間に燃え尽きてしまうような花火の場合には、精神的に大きく落ち込んでいることが考えられます。
上手に心を休ませたり、リフレッシュしたりしましょう。