手紙の夢

『手紙』の夢は、あなたの伝えたい気持ちや伝わらない気持ち、または、過去や未来の情報を暗示しています。

誰かに伝えたいと思っていることや、なかなか言えないけれども言いたいと思っていることがあるのかもしれませんね。
この場合、手紙の内容はあまり現実とはリンクしていません。

ポストに手紙を出すのは、言いたいことを我慢できずに言ってしまうことの暗示。
「王様の耳はロバの耳!」ではないけれど、何か秘密や余計なことを言ってしまいそうです。

また、手紙は過去の情報を暗示することもあります。
開封されないままの手紙は、フタをしておきたい過去や、認めたくない自分自身の心をあらわしています。
美しい文字で宛名書きがあるのであれば、美化された思い出を示しています。

嫌な内容の手紙を受け取るのは、現実には良いニュースを届けてくれる暗示です。
ただし、手紙が汚れていたり、自分宛の手紙がすでに開封されていたりする場合には、差出人への不信感が募っていますから、要注意です。

一生懸命手紙を書いていて、その内容を覚えているのならば、その中身はあなたの本心。
あなた自身を見つめ直すきっかけになるでしょう。