手をつなぐ夢

手をつなぐ

『手をつなぐ』夢は、人間関係についての願望と展望を象徴しています。

好きな人や憧れの人と手をつなぐのは、あなたの願望が単純に強くあらわれただけです。
あまりシンボリックな意味はありません。
現実にそう起こって欲しいと強く思っているのです。

右手は未来、左手は過去をあらわしていると言われていて、右手をつなぐのは今後あなたと縁のある人、左手をつなぐのはこれからあなたとは縁が切れてしまう人です。
右手・左手で区別せず、利き手・利き手ではない手と区別することもあります。

手をつないで空を飛ぶのは、関係性が現実には見込めないことの象徴。
空を飛ぶのは現実逃避やありえないことへの期待をあらわす場合がありますから、好きな人と一緒に手をつないで飛んでいるのは、現実には接点がなく進展が見込めないことへの悲嘆であると考えられます。

せっかく手をつないだのに、その手を振り払ってしまうのは、あなたにとって相手の考えがうまく受け入れられない証。
相互に理解しあえないため、良好なコミュニケーションを取ることは難しそうです。

手を差し伸べてもらえたのなら、その人から援助がもらえる予感。
ただし、握った手が離れなくなってしまったり、じっと手を見つめるのは不安の証。
要注意です。