月の夢

『月』にはさまざまな意味があり、読み解くのが困難なシンボルのひとつです。
影響力の強いものや、直感力、変化、愛、女性、幸福などを象徴します。

『満月』は、幸運のエネルギーを持った強いシンボルです。
周囲との関係がうまくいき、強い愛情を手に入れることができる暗示。
また、転居や生活拠点の変化を告げるシンボルでもあります。

現実にあったらすごく気持ち悪いけれども、たくさんの満月を見るのも良い夢です。
思いがけない幸運に恵まれるでしょう。

逆に、三日月のように光が少ない月は、あまり良くない事の象徴。
周囲の人間関係によくない変化が起こるかもしれません。
あなたの精神状態が芳しくなく、弱っているのかもしれません。

月がかすんでいたり、変な色をしていたり、雲に隠れてしまうような夢も要注意です。
あなたが漠然と抱えている不安が、具現化してしまいそうな暗示。
地位や名誉などを失う前触れであることも多くあります。

月が雲に隠れていても、なお月の光が明るい夢は、直感力が高まっている時。
新しいアイディアが浮かんだら、積極的に行動してみるとよいでしょう。

美しく明るい月ほど幸運の印。
良い変化の訪れがあると良いですね。