友達の夢

夢に見る『友達』には、大きく二つのパターンがあります。

まずは、実際に現実でも友達である人が、友達として夢に登場する場合です。
これは、単純にその友達に対して思っていることがストレートにあらわれている場合が多くあります。
昔の友達が夢にあらわれたのならば、昔を懐かしく思っている暗示で、今の人間関係を変えるべき時でもあります。

次に、現実には知らない人が夢の中で友人であったり、現実にいる友人ではあるけれども、関係性が異なっていたり、夢からさめて思い返してみると別の人であったりするような場合です。

この場合には、いくつか別の意味があります。
まず考えられるのは、その友達が自分を投影している場合です。
実は友人ではなく、自分自身の姿を見ている場合が多くあります。
もしも夢の中で嫌なことをしていたら、それがあなたの本心や願望である可能性が高いです。

また、友人が成功したり、友人が不運に見舞われる夢も、自分自身の成功や不運を暗示していることがあります。

友人が異性であるならば、あなたの好きな人の代役であることもあります。
好きでもない異性の友人と深い関係になる場合には、このケースである可能性が高いですね。