泥棒の夢

『泥棒』の夢は、何かを失ってしまうのではないかという不安と、実際に何かを失うことを暗示しています。

『泥棒』に遭う夢は、あなたの不安のあらわれです。
泥棒に遭うことを怖れているわけではなく、なにか失いたくないものを持っているはずです。
例えば、泥棒が友人だったりする夢は、その友人との人間関係について不安に思っています。
物だけではなく、関係や地位、健康などについての強い不安があらあれることもあります。

また、実際に失うことを暗示している場合も多いです。
この場合には、失って喜ばしい場合もあります。
例えば、何か問題を抱えている人の場合、その問題を泥棒が盗んでいってくれるとか、病気の人が衣類を盗まれれば病気が快方へ向かうといった具合です。
逆に、幸せで満たされている人が泥棒の夢を見ると、思わぬ損失や急な病気を暗示したりもします。

知った男性に何かを盗まれる場合には、盗まれたのはあなたのハートかもしれません。
恋に落ちることを暗示することがあります。

あなた自身が泥棒になり、利益を得ることができるのならば、現実でも利益を得たり成功したりすることができるでしょう。
泥棒と一緒にどこかへ行くのも良い暗示です。